人気ブログランキング |

あなたの理美容室・エステサロンの「熱き思い」を「恋の相手に伝える」ように、お客様にお伝えする! 理・美容室やエステサロンの集客支援・売上アップのための経営コンサルティング。毎週月曜日更新!


by mike1004_kuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こんにちは、カムラッドの和田です。

どうして、美容業で仕事をしているのか?
のつづきです。

わたしのミッションは

「女性であることを謳歌し、楽しみ過ごせる人生を送れる人を増やす」ことにあります。

女性だから、家事をしなければならない。
女性だから、子育てをしなければならない。
女性だから…

最近は、外から、「女だからおとなしくしてなさい」などと言われることは少なくなりました。

でも、私自身、心の中に、知らぬ間に「女性だから…」という鎖を持ち込み、自分で自分の限界を決めてしまっているがゆえに、その自分で決めた限界に苦しんでしまっていることがありました。

自分で自分に決めてしまった「女だから」の枠に気づいて認めた時、とても解放された、「自由とはこのことなのか」と改めて思うほど、世の中が違って見えました。

それ以降、自分を制限していた行動も変わりました。

すると、自分が変わると、周囲も変わるのですよね。

疎遠だった両親との関係も改善され、頻繁に連絡するようになり、少しは親孝行したいとまで思うようになりました。

パートナーとの関係も、積極的によくしたいと思い過ごせるようになりました。

などなど。

そんな、自分の枠をはずした自由になる経験を、1人でも多くの女性・男性にしてもらいたいなと、それをいまはミッションにしています。

死ぬ時、弔辞で
「わださんは、女性を元気づける応援をし、住みよい社会づくりに貢献した」と言われる生き方をしたいなと。

「女性性を大切にする」ということは、男性も、男性であることにとらわれないで生きることにもつながると思っています。

美容という観点で応援する仕事は、女性だから楽しめることを、こころから楽しんでいただきたいからです。

心の中に自分でつくった枠を、美容の面から、自分で超えていただけるパワーを得ていただけるお手伝いをしたいと思っています。

美容にはそんなパワーを身につける力があると、体験してきましたので、多くのひとに、このことをお伝えしたいです。

美容業を仕事にしているわけ。

そんなところからもきています。
by mike1004_kuma | 2011-06-27 07:49 | このブログ紹介&筆者自己紹介
こんにちは、カムラッドの和田です。

先週のつづきです。

新メニューを広告のネタのために導入される場合以外、
なにかお客様のお悩み解消のための理由があるはず、という
のが先週のお話しでした。

さて、実際に、新メニューを割引しないで導入するには?

まずは、そのメニューによりお悩みを解消していただけるお客様に、具体的にその効用を説明し、興味をもってもらうところから始めます。

決して、割引をメリットにするのではなく、
お悩み解消というメリットを前面に出します。

そして、初回からきちんとお代をいただきます。

もし、よかったと言っていただけたら、お客様の声を文字で書いていただけるお願いをしてみてください。

その声をたくさん集めて、ご説明資料にさらに追加してゆきましょう。

地道に、1人、2人と、ご利用者様を増やす方式です。

一時に売上アップに貢献しませんが、お客様に「いいことをしていただいた」と感謝されること間違いありません。

感謝される、新メニューをおすすめしたいですね。
by mike1004_kuma | 2011-06-20 12:32 | 美容業コンサルティング
こんにちは、カムラッドの和田美香です。

先週、息子の1歳の誕生日をむかえました。

まだ離乳食なので、本人はケーキーを食べられるわけではないのですが、シフォンケーキをつくり、夫と二人で、ハッピバースデーの歌とともにろうそく1本をたてて、お祝いしました。

みなさまのご家庭では、1歳の記念日はどんな風にお祝されてますか?



さて、今日の話題は、ヘアサロンの新メニューの導入方法について感じた疑問から始まります。

新メニューは、何のために導入されていますか?

それは、誰のために導入されていますか?


新メニュー導入を、「広告ネタ」として利用しているサロン様がほとんどではないでしょうか。

「新しくヘッドスパ導入 ○円引き!」
「新しいオーガニックカラー剤導入 セットでお得な○円!」

「新しいものをお試しでどうぞ。安くしたから、うちへ来てね」という訴えです。

でも、顧客単価をあげたい、顧客のリピート率を上げたいと、経営上のお悩みを抱えておられるサロン様で、この方式は、本当に有効でしょうか?

ただ「割引宣伝ネタ」を取り入れたいから、新しいメニューを開発するのだというのであれば、問題ありません。

しかし、本心で、本当は割り引きたくないけれど、新しいメニューを浸透させたいから価格を最初だけ割り引くのだと、つぶやく気持ちがあるのであれば、一度考え直して下さい。

それは、誰のための新メニューですか?

どのお客様の顔が具体的に浮かびますか?

そのお客様は、どんな風に喜んでくださりますか?

「誰のための新メニューか?」をしっかり考えられていたら、割り引くよりも、他の伝える努力をするほうが、結果として売上アップにつながります。

導入時に割引以外の、ご案内方法をとることをおすすめします。

次週は、割引しない導入方法を考えてみましょう。
by mike1004_kuma | 2011-06-13 07:04 | 美容業コンサルティング
こんにちは、カムラッドの和田です。

今年は、雨が降っても楽しくお出かけができるようにと、カラフルな長靴を購入しました。

長靴なんて履くのは、小学生以来です。

履いてみると、おもったとおり雨の日が快適!

「雨 雨 降れ 降れ 母さんが 
 蛇の目でお迎え うれしいな
 ぴちぴち ちゃぷちゃぷ らんらん らん」

の歌が口から出てきました!

さて、カムラッドに美容室開業の相談をいただく方のうち、
約4割の方は「ほんとうはどの情報が正しいかわからない」と
おっしゃります。

不動産選びのこと、開業資金のこと、内装工事のこと、と、
ご相談の段階については様々です。

ですが傾向として、
まよわれている方は、「どの段階でも迷いやすい傾向にある」
ようです。

なので、ご自分が情報収集されるときは、
「その情報をつかって何をしたいのか?」を明確な目的意識をもって集めてください。

ただ「役立ちそうだから」と無駄な情報を沢山あつめると、
価値の薄い、どこにでも転がってる情報ばかりを集めて、
結果役に立たないから迷ってしまう、ということに
なってしまいます。

開業前の方、どうぞご参考になさってください。
by mike1004_kuma | 2011-06-06 07:32 | 美容業コンサルティング