あなたの理美容室・エステサロンの「熱き思い」を「恋の相手に伝える」ように、お客様にお伝えする! 理・美容室やエステサロンの集客支援・売上アップのための経営コンサルティング。毎週月曜日更新!


by mike1004_kuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

週末に家族と初めて「箱根ユネッサン」へ行ってきました。
関東に住んではや10ウン年。

関西なら、温泉レジャーランドといえば「ナガシマ温泉」ですよね。

勝手に、関東なら「箱根ユネッサン」でしょ、と思って
おりましたので、これでやっと関東人の仲間入りしたような
気分です。

**************************


あるエステサロン様から、「ホームページから売上をあげたいけれど、何から手をつけていいかわからない」とご相談をうけました。

ホームページにも大変お金をかけておられて、見た目に「立派な」ホームページだということは分かりました。

オーナー様の悩みの種は、「お金をかけて立派なホームページをつくったけれど、うまく働いていない」ということ。

ホームページにかかるお金の内訳をお聞きしてみると、

SEO対策
更新作業費
サーバー管理費
など

ですが残念なことに、
そもそも、そのSEO対策をかけているキーワードは適切なのか?という点や、
SEOで訪れた訪問者に「何をしてほしいのか」どういうことを知らせたいのかが全くわからないホームページになっているのです。

これは、制作を発注する側が次の2つのことを見極めなかったから起こったことです。

(1)
ホームページ制作会社には、集客のコンサルティングをしながら制作してくれる会社と、ただ制作だけする会社の2種類があることを見極めなかった。

(2)
ただ制作だけをする会社に依頼する場合は、発注する側の自分が、ホームページの集客のしくみをしっかりつくってから発注しなければならないということを押さえていなかった。


ホームページ制作は、「どこにたのんでも同じじゃないか」と思われがちなようですが、ただ制作するだけのところと、集客を真剣に手伝ってくれるところでは大きな違いがでてきます。

安くない投資をするわけですから、
どちらのパターンに自分はいまからすすみたいのかをしっかり見極める力をつけたいものです。


さて、冒頭のご相談のエステサロン様は、まず、事業内容を整理し、営業の仕組みをみなおすところからはじめることとなりました。

できること、あるメニューすべてを表現することがホームページでうまくゆくとは限りません。
選択と集中、ここにも必要なわけです。

投資した分の回収ができるホームページへの改造は、経営内容の選択と集中を整理した後から始まります。

「とにかく何でもいいから儲けたい」という欲張り屋さんは、ホームページではうまく機能しないので、ご注意くださいね。
[PR]
by mike1004_kuma | 2009-02-23 12:14 | ウェブ
先週に引続き、まだ左手指のホータイがとれない和田です。

指一本つかえないというだけで、ほんと不便ですね。


**************************

さて、オーナーの目が届いていない店舗でもし売上があがっていなかったら、それは組織作りになにか問題があると、仮定し検証したほうがいいというお話しです。

店長が、スタッフに目標を示していない、個々人が目標を持っていない場合があります。

そんなバカなとお思いでしょう。

目標は、ないわけではないのです。

たとえば、店舗で月間500万円の売上目標が必達だとかかげられていたりするわけです。

毎日、「達成度合い」が終礼で店長から発表されてもいます。

それでも、「わたしがやるべきことは何か?」が、個人と組織がかみあっていない場合があります。

そんなときは、たいてい、個々人のスタッフは、自分の目標をぼんやりとしか持っていません。

目標を明確に持たない人は、今日やるべきことを、ずるずるのばします。

目標を明確に持たない人は、出来ない理由ばかりをさがします。

こんなときは、面談を何度か重ねることで、目標をもつことが自分自身の人生においてどれほど重要なことか、をわかってもらうようにしてゆくことになります。

さて、目標を持つきっかけに死と時間の概念を話すことがあります。

ご両親をなくされていたり、身近な人をなくされている場合は、この時間のたとえ話は、理解されやすいようです。

「時間はいままでとおなじように、これからもずっと時間は無限に存在しつづける」と思っていることに疑問をなげかけるのです。


「どんな死に方をしたいのか」
「今日この後すぐ死ぬとしたら、自分で自分の人生に後悔しない生き方をしているか?」
「やるか、やらないかという、選択の連続のなかで、やらないことばかりを選び続けていたら、明日死ぬというときに、自分で充実感をもって臨終できるか」



今死んでも後悔しないか?という問いはかなり極端ですが、時間が無限にあるわけではないことを理解してもらうひとつの問いです。

この問いは、中途半端な状態でありつづけることを許しません。


なので、「辞めようかどうしようか」悩んでいるスタッフに対しては、「すぐに」答えを求めるように迫っていることにもなります。

使い方によっては、煮えきらずに手を焼いているスタッフ本人から辞表を出してきたりもします。


目標設定をきちんとし、うまくリーダーが目標について把握し互いに話していると、「目標がみなで一致しているスタッフばかりがいるチーム」になるという結果も生まれてきます。


売上アップのための、スタッフの意識づくいは時間がかかりますが、早ければ4ヶ月ぐらいで違いが出てきます。

「みんないい子だし、みんな頑張ってるのに」と疑問なときは、スタッフのなかに入って、「目標」についてきちんと時間の概念を用いながら話をしてみてください。
[PR]
by mike1004_kuma | 2009-02-16 08:51 | 美容業コンサルティング
先日、餃子を家で作ろうとおもって白菜を切っていたら、左手中指を切ってしまいました。

たくさんの白菜をみじん切りにしなくてはらないので、ちょっと、横着したんです。

5年ほど前に、かまぼこを切ろうと思って、左手の甲を切ったことがあり、
家族に、「かまぼこで切った次は、白菜ですか?」とひやかされました。

おかげで、パソコン入力ではいま左手中指が使えず、とても不便なおもいをしています。

料理の教訓。横着はしない!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

1月から、総合開業支援のお客様が目白押しです。

他の業種の方から、「新規開業の方、どうしてそんなに多いのですか? この不景気なのに? 美容室は関係ないのですか?」と聞かれます。

いえ、美容室だって、不景気の影響をうけているところはたくさんあります。

たとえば、スタッフを30人以上かかえる大型店。

どこでそれがわかるかというと、大きい坪数の美容室居抜き物件の不動産情報に流通する数があきらかに増えました。

都内のターミナル駅に周辺の立地でさえです。

今逆に、売上を落としていない、もしくは伸ばしている美容室は、小規模でコンセプトをしっかりもって営業されている美容室です。

10坪~20坪までぐらいの規模でしょうか。

店舗をつくれば、売上があがるという時代ではなくなりました。

でも、しっかりターゲットを絞り込んで、自分達のきて欲しいお客様を選ぶことができる仕組みをつくっている美容室は、強いです。

じゃあ、お題にもどって、いま開業するにはいい時期かどうか。

こんな条件がととのっていれば、臆することなく、挑戦されることをおすすめします。

★ 小規模サロンの運営を考えている

★ 自分にしかだせない強みを発揮する美容室を考えている(もしくは、考えたい)
 (考えるのに時間がかかるので、店舗を決めてからではおそいですよ)

★ 自己資金を準備できている


いまは、都心のターミナルに近い物件でも、場合によっては、不動産の値下げ交渉が可能なところもでてきています。
保証金だけでなく、家賃もです。

ですので、自己資金を、余裕をもって運営費にまわせるようになるわけです。

まわりのだれもが「いけいけゴーゴー」のときに新規出店するときと違って、不安も大きいと思いますが、「失敗しないポイント」さえおさえていれば、いまはチャンスです。

出店の希望があって、迷われている方。

初回ご相談は無料ですので、お気軽にまずはメールでお問合せください。
[PR]
by mike1004_kuma | 2009-02-09 15:29 | カムラッドからお知らせ
大寒をすぎて、節分です。
「寒いですね」という挨拶をとびこえて、「冷えますね」がぴったりきます。

でも、最近は、朝起きるのがとても楽しみです。
なぜなら、とてもおいしいマイブームをみつけたから!

「抹茶ミルクティー」を、たっぷりいただくのがマイブーム。
蜂蜜と、豆乳でつくるから、さらに健康的な気分もするし、なぜか、コーヒーでカフェオレするよりもお腹のもちがよくて、お昼までしっかり大丈夫。

さあ、今日も、マッチャミルクティー効果で頑張ろう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日のお題は、「ホームページからの美容室の集客」です。

先週、とっても嬉しいメールを、お客様からいただきました。

開業総合支援のお手伝いをさせていただき、昨年10月に新規オープンされたお客様からです。

10月、11月は、正直、がまんの月を過ごされました。

でも、当初の事業計画のなかにも、6ヶ月間の運営費を組み込んでいただいていたので、
集客のためのポスティングや、折り込チラシとともに、クロスメディアの戦術をとるためのホームページもしっかりしたものを作っていただいていました。

クロスメディアの効果は1月目からでていました。

1月目で、ホームページからの新規来店が10名を超し、3ヶ月目の12月には20名様を超えたとのこと。

この美容室様での、ホームページ集客の成功のうらには、ポイントが3つあったと思われます。

(1)しっかりしたクロスメディア戦略にのっとった、チラシ作りと、ホームぺージづくりを行っていたこと

(2)しっかりしたSEO対策をとり、美容室の集客数実績にこだわる制作会社を選ばれたこと

(3)オーナー様が自ら、ブログの執筆や、各口コミサイトやSNSへの書込みを積極的に行い、「育てる」手続をきちんととっていただいていること


ホームページは、作ったら、勝手に集客してくれるものではありません。

「たまごっち」のように、「育てる」ものです。

手塩にかければ、かけるほど、答えてくれます。

「ホームページは集客効果がない」と思っておられる方、あなたはホームページを「育ててますか?」


育て方が分からないという方は、お気軽にご相談ください。

「ブログをみた」といってメールでご連絡いただければ、ご相談料初回無料でうけていただけます。

(2月末まで限定)
[PR]
by mike1004_kuma | 2009-02-02 08:07 | ウェブ