あなたの理美容室・エステサロンの「熱き思い」を「恋の相手に伝える」ように、お客様にお伝えする! 理・美容室やエステサロンの集客支援・売上アップのための経営コンサルティング。毎週月曜日更新!


by mike1004_kuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

先日参加したPRの勉強会で学んだことを、ぜひお客様にもお伝えできるようにしたいと考え、簡単にメモしておきます。

全2回シリーズにしました。
第一回目は、ヘアサロン様向けにまとめてみました。

ヘアスタイリストとして活躍されている美容師さんだと、言葉で整理されたイメージコンサルタントからのアドバイスは、「日頃の体験を、明確に言葉にする作業」になるのではと感じました。

ヘアデザインをつくるときには、お客様の髪の状態や、お仕事やライフスタイル、どんな自分をみせたいかなど、すべてをカウンセリングでお聞きしてからデザインを決定します。

イメージコンサルタントからのアドバイスによれば、
3つのイメージのかかわりが重要なのだそうです。

1.「お客様が見せたい自分のイメージ」
2.「他者から認識されるイメージ」
3.「自分本来の姿」

たとえば、お仕事される場合は、1番と2番が一致していることがビジネスでは重要なのだそうです。

なぜながら、第一印象が悪いと、次にあうチャンスは22%しかないという統計学的な数字があるからだとか。

わたしは、美容師さんには2つの点からイメージコンサルタントからのアドバイスが活かせるのではと考えました。

(1)
カウンセリング

責任ある立場で仕事をされている女性が増えてきています。

また、ご家族やご親戚、地域のなかで、「自分はこんな風にみてもらいたい」としっかりした考えをもたれている方もいらっしゃいます。

「仕事や、地域社会で、見られたい自分と、自分が他人から認識されている姿」のギャップを埋める作業を、カウンセリングで意図してさしあげているでしょうか。

わたしはいつも不思議に思うのですが、美容室で仕事をあまり聞かれません。

かわりに、「どんな風にしたいですか?」とはいつも聞かれます。
「きりっとした感じ」といつも答えます。

ですが、このとき「職業柄、セミナーや講習で人前にたつことも多いし、お客様でお会いするのは経営者が多いので、信頼感を与える姿でいたい」とお伝えしていれば、もっといいアドバイスもらえることが多いのではと、いつも実は不満でなりません。

「お仕事を答えたくないお客様が多い」とおっしゃる美容師さんもいらっしゃいます。

その対策として、ご新規様のカウンセリングシートのご提案をひとつしましょう。

「重視したい自分の姿はプライベートか、仕事かを選択する欄」「ご職業を詳しく選択する欄」
「役職を詳しく選択する欄」
「お仕事のときの服装」
「プライベートのときの洋服の好みを詳しく選択する欄」
などを設けることをご提案したいと思います。

シートにご記入いただいたことをもとに、その方のイメージづくりに的確なアドバイスを、カウンセリングにはいってからできるのでは。

(2)
撮影会で

美容室では広告宣伝用に撮影会をされるところも多いです。
(これは、サロン内での実力アップのための撮影会とはまた違います)

集客につながるように、売上アップにつながるように、ビジュアルイメージを作っていく作業は、サロンワークで日頃行っていることとは違った視点での仕事が求められます。

ですが、撮影会になれていない美容師さんは、「つくりたいもの」を創ってしまいがち。

そうならないためにも、イメージコンサルタントからのアドバイス「見せたいイメージと、見られるイメージは一致しているか」という視点を、作品づくりに持ち込む必要があります。

エレガントに見せたいのに、ただダラっとしたスタイルになっていないか。
ファッションカラーの要素が派手すぎないか?
メイクのカラー選択は伝えたいメッセージと一致しているかなどなど。

皆様は、ヘアスタイリストですけれども、「見た目のイメージ」は「ヘアスタイル」だけでなく、「表情」「ファッション」「メイク」もトータルでかかわってきます。

作品づくりの後、講評会などを必ず行うことで、「見た目のイメージと作りたかったイメージ」のギャップをうめる作業を地道に繰返すことが大事でしょう。


以上。

イメージコンサルタントさんへのアドバイスを美容師さんむけに考えてみました。

第2回目は、会社の社長さんむけ、つまり企業の広報担当者さま向けです。
[PR]
by mike1004_kuma | 2008-09-29 09:37 | 広報/PR/ストーリーづくり
上場している企業だって、IRの専任担当をおいていても、広報の専任担当を置いていないところがあったりするぐらいなので、中小企業で広報の専任担当になられている方は少ないと思います。

わたしが昔つとめていたIT企業でも、新規事業開発職と兼任でした。

さて、ふと、「なにの役割や部署の人が、広報職を兼任される場合が多いか」と、独断であげてました。


◆社長

ワンマンで企画から現場指導まですべてひっぱっておられる場合は、このタイプが多い。

<メリット>

社長は会社の顔として、第一線で顔を売っていただく分には最適です。

<デメリット>

会社の代表のため忙しい立場の方が多く、「社内での細かな微調整」や「マスコミからの連絡窓口」としては、マメな連絡が必要な広報として不適切な場合が多いこと。

忙しい社長さんは、やっぱり、マネージャー的な広報は任命したほうがいいようにも思います。


◆営業企画、マーケティング担当

SPから広告、営業のバックアップはすべてするという担当の方がひきうけられるケースも多いですね。

<メリット>

できることならなんでもしよう!という姿勢の方が多く、報道向けのネタづくりのための情報収集や、情報の加工には積極的。

<デメリット>

広報という考えになれていない場合、「自社のことをアピールしよう」という気持が強く出すぎて、宣伝色を消せず、報道担当者向けの資料づくりが難しい場合も。

広告と広報の違いがわかれば、素敵なお仕事されると思います。


◆事業開発、新規事業開発担当、事業担当執行役員や取締役

中小企業でパブリシティーを行われる場合、新製品や新サービスのリリース、新施設オープンなど、マーケティング的な視点から事業の拡大をアピールされる場合が多いです。

ですので、その事業を一番良く知る責任者さんが、広報の責任者を兼任されのも自然なながれですね。

<メリット>

ひとつの発表について多角的な切り口を作ることができる立場にあり、各ポジションの責任者に、広報の協力体制を依頼しやすい。

<デメリット>

社長と同じデメリットでしょうか。
事業そのもののリリースには、広報だけでなく、いろいろな役職や部署の方との連係や、関連取引先との連係、確認事項など、事業のハブになっておられる場合がおおいので、広報の重要性を理解していただかないと、目先の忙しさに広報が追いやられる場合がある。
この場合も、サポーター役の広報実務担当者さんを置いたほうがいいと思われます。

◆財務、総務担当

会社の動きを、一番客観的にみている部署で兼任される場合も多いかもしれませんね。

<メリット>

会社の中枢の情報をキャッチできる場所にいるので、情報収集がしやすい。
また、数字を扱うことが多いためか、客観的な情報発信がうまい気がします。

<デメリット>

機密情報を扱うことが多い部署のため、「発表してはいけない案件」に敏感で、どちらかというと、情報はあまり積極的に発信してゆく姿勢になれていない。
広報としては、会社を守る姿勢にならないよう注意。


かなり、わたくしの独断でした。

で、みなさまいかがでしょうか。

会社で、広報の仕事をバックアップできるよう、広報体制整備もお手伝いしています。
お一人で悩んでないで、まずはご相談ください。
[PR]
by mike1004_kuma | 2008-09-22 08:30 | 広報/PR/ストーリーづくり
危機管理広報につながるかと思ったので、逆の立場だったらどうするかを考えるきっかけにしたいとおもいメモ。

日経の1面で事業売却を報じられた会社さんがありました。
その会社が取引先のひとつであるわがクライアント宛に、当の、日経で報道された会社から「誤報」だと、報道を打ち消す内容の連絡が直接きていました。

でも、受け取ったわがクライアント企業側は、どうなんでしょうね、とおっしゃりながら、でも新聞報道を信じておられる様子。
大事な大事な取引先からの連絡内容よりも。

「新聞報道と、その会社からの直接の情報と、どちらを信じる?」いろんな人にきいてみたところ、「新聞を信じる」との答えが圧倒的に多かったです。

当たり前な反応といっちゃそうですが、改めて思い知らされました。メディアの力。

さて、「誤報」だと連絡を送ってきた会社さんをA社としておきましょうか。
A社のホームページをみると、今年にはいって、「報道内容否定のニュース発表」が、今回も含め2件もあるのですね。

自社にとって好ましくない、どちらかといえば、ダメージを蒙る内容を報道されないようにするにはどうしたらいいのか?

報道内容を分析してみると、どうも、情報源は複数の同業他社らしい、しかも同業他社の広報担当ではなく、トップクラスの幹部から情報を入手しているというのがわかります。

A社のニュースリリースの履歴を見たところ、キャンペーンなどマーケティング的な内容のリリースがほとんどで、企業イメージを醸造するものは発表本数がかなり少ないのがみてとれます。

もしかして、会社の情報をあまり出さない印象を記者に持たれていたために、周りから情報を推測で集めるという行為をとられているのではないかと推測されます。


マーケティングに重点をおいたメディアコミュニケーションだけでいいのか?と考えるいいきっかけになると思います。
[PR]
by mike1004_kuma | 2008-09-15 13:53 | 広報/PR/ストーリーづくり
8月30日に受験した第3回PRプランナー資格認定検定試験1次試験の結果発表、みなさんのところには、何できましたか?

びっくりしたことに、郵送ではなく、メールで「2次試験受験予約開始のご案内」が来ていました。

1次試験は合格したようで、ひとまずホツ!

これから受験されるというお友達がいるので、何か役に立てる情報をと思い、1次試験について覚えていることをメモしておきます。


■1次試験内容

マークシート方式の50問。
試験時間80分。

まったく分からなかった問題が2問ありました。

○「社内向けの社長ブログとして、最も不適切なもの」(←試験問題は回収されて手元にないのでうろ覚えですが…)

どれもみんな正解にみえてしまいました。

くやし~い。
もとIT企業につとめていたうえに、いまだって、自分でブログを書いているのに、ブログの話題でわからなかい問題が出たなんて!!!

○「国際広報をするうえでの、日本本社の広報の役割として最も不適切なもの」(←試験問題は回収されて手元にないのでうろ覚えですが…)

これも、どれもみな正解にみえてしまいました。

とても正解を知りたいです。
とっても。
PR協会のみなさま、正答を出してください!おねがいします!


■1次対策

今回の試験では、せっかく読んだ受験参考書の内容などすっかりどこかへゆき、「広報担当者なら、こうあるべき」と常識で考えた範囲での行動に照らし合わせて解答をしてしまっていました。

なので、参考書を読んだことが役にたったのかどうか疑問ですが、どんな風に読んだか、メモしておきます。

参考書をひととおり読破しようと読み始めたのは二ヶ月前。
しかし真面目に読み始めた期間は非常に短く、最後の1週間ぐらいでした。

で、その短い時間でやったこと。
(なにか、どなたかのお役にたてれば…)

社団法人日本パブリックリレーションズ協会のPRプランナー資格認定検定試験のホームページに、「試験項目概要」が掲載されています。

そこに記されている「1次試験に関する基本的な知識」の項目片手において確認しながら、参考書を読み、「いまこの項目を勉強している」と確認していきました。

漫然と参考書を読みすすめているときよりも、「いまは国際広報のところ」「危機管理広報のところ」「広報人の倫理のところ」となど、試験で問われる項目のココをいま勉強していると意識しながら読みはじめると、ただ「読破」しようと読んでいるときと読むポイントが違ったと思っています。

他の方の勉強方法はどうなのでしょうか?
とても知りたいです。


さて、2次試験の参考図書もとても沢山あります。
もっと効率のいい勉強方法はないか、探しながら読んでみたいです。
[PR]
by mike1004_kuma | 2008-09-13 12:43 | このブログ紹介&筆者自己紹介
美容室新規オープンの折り込広告とならんで、既存店のテコいれで集客を強化されたい美容室さんの折り込広告の制作をお手伝いする機会も多くあります。

コンサルティングでは、「チラシの集客効果を高めるために必要なチラシの部品」をお伝えし、準備していただくところから始まります。

新規オープンの場合も、そうでない場合も、チラシをつくるために必要な部材は割合多くなります。
つまり、紙面が、結構文字で埋まるのです。
見た目のデザイン重視ではなくなるので、「ダサ」くなります。

まず、この点に抵抗を示されたオーナーさんが割合多くいらっしゃいます。

しかし、当方としては、オーナーさんの好みのチラシをつくるお手伝いをしているのではなく、集客効果を上げていただくお手伝いをするのですから、オーナーさんの希望通りにチラシをつくることに賛成しません。

先日、定例ミーティングで訪問したあるサロンのオーナー様、そっと、「最初はこんなチラシでお客さんが来るのかと思っていたけれど、こんなに来て驚いている。どこが違うのかわからないけど……」とおっしゃっていました。

こちら、新聞折り込で0.2%の戻り率。

もうすこし回収枚数が増えそうなので、率はまだ上がりそうです。
あの、オーナー様、わたしたちがお手伝いしたチラシと、オーナー様が自分でお作りになったチラシは、「安心感を与える情報量の差」です。

お店の内装写真だけで格好いいものよりも、さらにそこに説明が加わったほうが、安心感はより高まります。

だから、デザインから広告をつくることはおすすめしません。
内容で何を伝えたいかを掘り起こすことからはじめましょう。
[PR]
by mike1004_kuma | 2008-09-12 14:10 | 広告・チラシ
先週、クライアントさんの、事業提携を報道発表する機会がありました。
今回は共同発表ではなく、それぞれから「事業提携」を発表するというかたちですすめられました。

提携先の企業様も積極的に情報発信を行っておられる会社さんで、webメディアでの企業名の露出を考えた資料を作成されています。

メディアコミュニケーション活動のなかでも、最近は、ウェブメディアの活用も重要になってきているので、事業提携を一緒に発表させていただく側としても、とてもありがたいことでした。

さて、発表後、ふたを開けてみると、ウェブメディアの特徴がよく表れた結果がでていたと感じられたので、そのことを少し整理しておきたいと思います。

ウェブメディアには2つの種類があります。

ひとつは、送られてきたプレスリリースをそのまま掲載するメディア。

もうひとつは、送られてきたプレスリリースを、編集者が選択して掲載する、もしくは選択のうえ編集し掲載するメディア。

どちらのメディアを主にターゲットにするかによって、プレスリリースの書き方は変ってくるとわたくしは考えています。

というのも、前者のメディア、つまりそのまま掲載してくれるメディアだと、伝えたいキーワードをすべてタイトルに盛り込むほうが、一覧表のなかから情報を選んでもらいやすいし、のちのち検索でもキーワードにひっかかってもらいやすい。

しかし、後者のメディア、一度編集者の手を経るメディアだと、編集者に取上げてもらえるようアピールするタイトルにする必要があります。言いたいことをすべて盛り込んでしまったタイトルにすると、埋もれてしまいやすいので、気をつけなければならない。

ネット広報を積極的にすすめる広報担当者様には、どちらに重きをおいて報道用発表資料を書いているのかを確認していただければ、書き分けしていただきやすいと思います。



さて、今回の発表案件では、提携先の企業様が「前者」のウェブメディアをターゲットにされていました。

わたくしが担当したクライアント側は、主に新聞メディアならびに、編集が入る「後者」のウェブメディアをターゲットにしていました。

両者がうまく噛み合った結果が出て、検索上で、企業名やサービス名での検索に両方から出した資料がニュース結果として出ており、よかったです。
[PR]
by mike1004_kuma | 2008-09-08 12:37 | 広報/PR/ストーリーづくり
「PRプランナー資格認定検定試験1次試験」
昨日8月30日(土)うけてきました。

PRのプロが月に1回集まって勉強を開いているコミュニティーに参加させてもらっているなかで、色々な方から刺激をうけ、今回はよしと思って受験してみたのでした。
(コミュで刺激をうけた方のお一人MAVERICKさんが、ブログで試験のことを書かれています。とても参考になります! 受験される方、一度のぞかれることおすすめします。
http://maverick629.air-nifty.com/blog/2007/09/post_f3b1.html)

まだ結果がわからない中ですが、新しい資格制度にまつわる試験なので、どんな意味を自分でみつけたのか、また、受験勉強でなにを感じたか少し整理してみたいと思います。

広報PRで仕事をしている端くれとして、この試験がおととし発表されたときには、「なにをいまさら日本パブリックリレーションズ協会はこんな試験制度をつくったのか? それにいま私に必要なのか?」と思っていました。

でも、第3回になったいま、PRプランナーの資格認定試験を受験してみようと思ったのは、資格がほしいというより、別の目的があったからでした。
それは、「いま展開している広報・PR事業のポジションの確認」でした。

自分では、かつて、大学院修士過程で文学の分野を学び研究した経験があるため、論理的に考えて提示すること、哲学倫理の潮流(歴史)はおおまかに押さえているつもりでもあり、書いて伝えることについては、自信があるほうでした。

また、企業の広報担当の経験から、「どこにどんな情報が求められているかを考えて情報をつくり、発信すること」については、感覚にですが、研究し磨いてきたつもりでした。

ですが、広報は大学で学び身に付けるものだと、今回の受験の参考書の中にしつこく何度も記されており、「大学で学ぶPRと、いままでやってきたことはどのように違うのか」を実際知っておかなければならないと考えたからです。

受験勉強は、指定された参考書を読むのが主になります。

最初は全く頭に入りませんでした。
自分のいまのクライアントにどこに役立てられるかという視点でしか読めなかったからです。

ですが、最後の最後、やっとなんとかまともに参考書に向き合えるようになりました。

1次試験の参考図書なので、頭のなかで整理されたことは、「広報PRが携わる分野全域の姿」でした。

全域がみえてくると、自らがいま手がける広報PR事業のポジションがはっきりとみえてきました。

当たり前のようですが、PRの全域を、いま自分は押さえられていないのですね。

ですが、何が得意とし売り出してゆくべき分野なのか、それを整理するための土台を、今回の受験勉強で知ることができたと思っています。

弱いところは、積極的に、同業他社と連係、協業を依頼する関係をきづいていき、クライアントに提案できるようになりたいとも考えました。


さて、実際の試験の手ごたえはどうだったのか、受験勉強はどうだったのか?
合否発表があってから、またご報告したいと思います。

発表は、9月12日とのこと。
みなさま、つづきがあることを、祈っていてください。
[PR]
by mike1004_kuma | 2008-09-01 08:40 | このブログ紹介&筆者自己紹介