あなたの理美容室・エステサロンの「熱き思い」を「恋の相手に伝える」ように、お客様にお伝えする! 理・美容室やエステサロンの集客支援・売上アップのための経営コンサルティング。毎週月曜日更新!


by mike1004_kuma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

こんにちは。
カムラッドの年末年始のお休みのご連絡です。
下記期間中、メールでのお問い合わせをいただいても、お返事が休み明けとなりますこと、なにとぞご了承ください。
12月28日~1月6日

(お客様でお急ぎのご用の方は、担当まで直接ご連絡ください。)

よろしくおねがいいたします。
[PR]
by mike1004_kuma | 2007-12-25 12:32 | その他

他業種の”わくわく”するキャンペーンも、できれば沢山この時期に体験して、オープン記念キャンペーンや、来年の春のキャンペーンの参考にさせていただけるといいですね。

さて、キャンペーンでは、「売上をあげること」が大命題となりますが、
もうひとつ忘れてはならないのは、お客様に”わくわくの体験を届けること”がとても重要になります。

なぜかといえば、
「ただ単に割引された」だけ
「ただ単にプレゼントをもらった」だけ
の場合と、
演出が行き届いていて、わくわく体験が出来た場合と、
この2つを比べると、

ワクワク体験していただいたほうが、体感として”心地よかった””楽しかった”という記憶が染込みますので、忘れられない可能性が高くなりあす。

ひとは”ここちよかった””楽しかった”体験を繰返してもとめようとしますので、そのお店でまたワクワク体験を体験できるのではないかと潜在的に意識するようになります。

そう期待してご来店いただけると、期待以上のサービスをしてお帰りになることを繰返すことで、ファンになってくださりやすくなります。

キャンペーンは、ただお店の売上をアップさせるだけではありません。
”ワクワクする楽しさ”という体験も、お客様にプレゼントして、身体で覚えていただくための仕掛けにもなります。

だから、せっかくキャンペーンをするなら、”楽しさ一杯”をめいっぱい演出できる仕掛けにしたいですね!
[PR]
by mike1004_kuma | 2007-12-24 20:17 | 美容業コンサルティング
ホームページの制作など、クリニックの対外的な情報配信のお手伝いをさせていただいた歯科医院様から、「大学での採用に関するプレゼン資料を作りたいのですが…」とご相談いただきました。

研修医を受け入れる医療施設として大学でプレゼンされてきているのですが、できれば、意欲の高い先生に研修先として選んで頂きたいとのご希望でした。

国家試験合格後の研修先として選んでもらうための工夫を、他のクリニック様もいろいろ知恵を絞られているとのこと。

見栄えのよいパワーポイント資料の作成だけでなく、ドクターが「ここのクリニックえ働きたい」と考えていただけるよう、働く側からのクリニックの魅力をプレゼン資料に盛り込ませていただく予定です。

一般的に、企業でも採用活動に、「いい人にきていただくための工夫」をさまざまに凝らしていますが、クリニックにもその動きが必要だと認識されてきているのですね。


採用に関する資料について、まずは、勤務されているドクターのヒアリングから始めます。

基本は、「集客」や「集患」のための制作物の仕事の流れと同じですが、ターゲットを「働くドクター」に置くので、訴えかける内容が、患者さまむけホームページとは違ってきます。


採用に関してお悩みの方、どのような方向性が、可能性があるのか、お気軽にご相談下さい。
[PR]
by mike1004_kuma | 2007-12-17 09:03 | 広報/PR/ストーリーづくり
新しい美容室さまオープンのお手伝いが、ここ数件重なってやってきています。

不動産の調査から交渉、内装の見積もり適正化交渉と、そして集客ツールのアドバイスと、カムラッド社内でチームで取り組んでおります。

さて、わたしは、集客ツールのご提案が担当なのですが、ちょっとびっくりしたことがあったので「警告」がてらご報告を。

オープンチラシの内容をご提案するために、いろいろ細かくヒアリングさせていただいていたときのことでした。

今まで、あまり細かいヒアリングに慣れておられないせいでしょうか(当たり前ですけどね、通常、印刷会社さんや広告代理店さんはやってくださらない、コンセプトの掘り起こしを私のヒアリングではおこなっておりますので、みかけだけの言葉で満足せず、どんどん深く掘り下げてお聞きするのですから)、「美容室なんて、どこも技術は大きく違わず同じなんですけどね」と、ぽろっとおっしゃったのにはとてもショックでした。

新規オープンのため、「違い」をどんどん作ってゆけるとっても有利なスタートです。
ありきたりな、メニューと価格だけがお知らせされているオープン広告で終わってしまうなんて、とってももったいないです。

「こんな美容室探してたの!」と、近所の人に思っていただける内容にするには、やっぱりコンセプトが必要なのです。

コンセプトを表すために、デザインがあるわけです。

デザインがあればもう安心なんて、思ってませんか?

あなたは、どうして、独立したいと思ったのか。
その思いを、お客様にストレートにお伝えするための広告ですから、音をあげずに、自分達の想いを掘り起こすことにがっぷりよつで取り組んでください。

そこには、ほんとうに「あなたにしかないもの」が必ずあるはずなのです!

新規店舗オープンにあたっては、融資のことやら、不動産のことやら、ほんとうに考えなければならないことが目白押しで、コンセプトはぼんやりとしたままほうっておかれがちです。

でも、そこは手を抜かずに、スタートダッシュしっかりかけてください!
お店があれば、お客様が来るなんて時代は終わったのですから!!
[PR]
by mike1004_kuma | 2007-12-11 10:50 | 美容業コンサルティング
つくりものをするときや、物を買うとき、安いものを探そうとしてネットを使って調べ、購入決定する場合が多くなったと思います。

さて、なんでも安くあげようと、自分でより安いものをネットで探してませんか。
間違ってるのは、「ネットで書いてある価格が一番安い」と思うこと。

安いと思ってネットで頼んでいるけれど、実際は、ディーラーさんや、印刷屋さんに頼んだほうが安いことだって沢山あります。

今週特に「ネットが安いわけではない」と実感したのは、印刷価格と、内装工事の部品価格についてでした。

ホームページを制作されている方に伺うと、ホームページを作るメーカー側も、どのターゲットをメインにして価格表示したほうがいいのか、まだ迷っているところが多いとのこと。

納得できるお買い物をするには、やっぱり、自分の目利きということが、ネットを使ってもあるわけですね。
[PR]
by mike1004_kuma | 2007-12-10 09:01 | その他
美容室様のなかで、一番豪華で目をひいたのが、「トイレ」というお店がありました。

広々としたスペースに、洗面台が大理石で、蛇口がアンティークの金メッキでぴかぴか光ってました。
まるで、豪華ホテルのトイレような。

入り口は内装は、フツウなんです。
トイレだけが、すごく豪華なのです。
このギャップは、お客様のなかで絶対話題になると思いました。


逆に、新しくできた観音崎にある横須賀美術館へ先日行って、トイレが狭くてちょっとがっかりしました。


新しい施設に行くと、「どんなトイレか」と女性の間では必ず話題になります。
グループの中で「トイレすごくきれいだよ」と一言誰かがいうと、「じゃあ、わたしも行く!」と、トイレの話題がどっと広がります。
施設やお店の印象も、「落ち着ける店か」どうかという評価がすごく変わります。


これからお店を設計される方、お店をすでに経営される方、特にトイレに気を遣ってください。
豪華じゃなくてもいいです。
気持ちよく過ごしやすい場所ですか?
[PR]
by mike1004_kuma | 2007-12-03 10:27 | トイレの話題