あなたの理美容室・エステサロンの「熱き思い」を「恋の相手に伝える」ように、お客様にお伝えする! 理・美容室やエステサロンの集客支援・売上アップのための経営コンサルティング。毎週月曜日更新!


by mike1004_kuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

リーフや、折込広告など、チラシづくりを考えるとき、何を一番重視して考えますか?

○デザイン

美容室さんだと、デザイン重視の方が多いためか、凝ったデザインのチラシが目立ちます。
でも、デザインを優先して、チラシ制作を考えるのは、ちょっとまってください。
お客様は、「チラシのデザインがいいから」ということで、ご来店いただくわけではないのです。

○どんなお客様に何を伝えたいのか

これをまず一番さきにはっきりさせてください。

これをふまえて、キャッチコピーで何を一番伝えたいのかをあらわしましょう。

「もてかわヘアになりましょう」っといった、ぼんやりした呼びかけをお客様にしてませんか?
雑誌のタイトルだけ真似ても、「あなたのサロンが、他のサロンとどう違うのか」が全く伝わりません。

価格勝負のサロンであることをお客様に伝えたいのなら、価格を前面に打ち出したチラシで正解です。
でも、もし価格勝負でないサロン様なら、その伝えたい何かをまずはっきりさせましょう。

デザイナーさんまかせ、印刷屋さんまかせでなく、「あなたのサロンのいいところ」は、あなたご自身で言葉にする努力をまずしてみてください。
この部分があれば、極端にデザインは二の次でも、お客様にきちんと伝わります。


今日のおさらい

チラシはデザインから入らない
[PR]
by mike1004_kuma | 2006-09-25 11:51 | 美容業コンサルティング
「美容業専門の経営コンサルティング会社です」と、専門を絞り込んで自社のPRを始めてから、本当にいろいろな美容業関連の方との出会いがありました。

美容業の経営に関わるところで、わたくしどもでは手が及ばないところは、お知恵拝借したり、手をかしていただいたり。

いろいろ情報を交換させていただくことで、わたくしどももより一層お客様に役立つ情報をご提供させていただけるようにもなり、このような「美容業の発展にともに役立つ」ことを目指して運営されている企業様との出会いをありがたく感じております。

今後も、プロとして恥じないサービスを提供し、情報発信させていただきます。
どうぞ宜しくお願いいたします。
[PR]
by mike1004_kuma | 2006-09-18 08:49 | 美容業コンサルティング

本日グランドオープン!

d0057902_1349375.jpg本日、千葉県の下総中山駅近くに、「髪に安心安全」がコンセプトのサロン「クリニカル ヘアサロン ミヤケ デュー」がグランドオープンしました。

近所に、本店「フレッシュ アンド ビューティー ミヤケ」がありますが、こちらの新店は、女性のお客様の髪を癒すことをメインにされる予定です。

もともと、縮毛矯正が一番人気のサロン様で、土日にお客様をお断りするほどになってしまったため、店舗拡張の意味で2店舗目を近所に設けられたとか。
縮毛矯正は、一度浮気されても、絶対に戻ってきていただけるとスタイリストさんがおっしゃるほどの内容だそうです。

ご近所の方、オープニングキャンペーンもあるようなので、一度チェックされてみてはいかがでしょうか。
ミヤケ ホームページ

こちら、不動産はオーナー様がみつけてこられました。
わたくしたちがお手伝いさせていただいたのは、店舗内装設計・施工のプロデュースです。
工事全般を適正価格で仕上げるお手伝いをすることで、オープニングに必要な販促経費をきちんと捻出していただくことができ喜んで頂けています。
[PR]
by mike1004_kuma | 2006-09-15 13:43 | 美容業コンサルティング

新規開店のお祝い

9月3日に、店舗開発のプロデュースさせていただいたサロンがニューオープンしました。

いまもドラマやCMで大活躍の女優さんの専属スタイリストさんがオーナーとなられるサロンさまなので、お祝いのお花も受付に豪華にずらっと並んでいました。d0057902_1503194.jpg
(写真は、そんな風景を少し切り取ってきました)

店名は「フィオーレ」様。
場所は赤坂。

店舗の不動産さがしのお手伝いからをはじめると、設計施工のプロデュース完了まで、約10ヶ月の長きにわたるお付き合いでしたが、最後にはとても満足いただけるものが仕上がってわたしたちもほっとしています。

いいお客様が長くついてくださるサロンでありつづけますように。
[PR]
by mike1004_kuma | 2006-09-11 08:57 | 美容業コンサルティング

数字は大切です

顧客管理ソフトを使っている方も、そうでなくアナログ管理の方も、両方ともにいえることです。

これから何かを変えてゆきたい、変革してゆきたいと考えるならば、まず現状を数字で把握するところからはじめましょう。

たとえば、です。

売上をアップさせたいと、具体的な数字で目標を立てたとしましょう。
では、どうやって売上をアップさせるか道筋を考えるとき、「今得意なところを伸ばすか」「今弱いところを引き上げるか」の方法のどちらかから手をつけることになるとします。

でも、そもそも、得意なところ、不得意なところ、って一体なにか?

広告での新規集客が弱いのか
サロン全体のリピート率が弱いのか
個々のスタイリストのバラツキがあるから弱いのか
などなど

これは、みな数字がおしえてくれます。
ぼんやりと、あるいは、ゆきあたりばったりに「コレからはじめよう!」と手当たり次第に改革に着手するのではなく、現状を数字で把握するところからはじめてください。
そうすれば、「どの程度改革すればよいのか、どの範囲改善すればよいのか」がわかりやすくなります。

特に、顧客管理ソフトを持っている方、集計は簡単にできるはずなので、しっかりデータを活きたものとして有効活用しましょう。
[PR]
by mike1004_kuma | 2006-09-04 08:05 | 美容業コンサルティング