あなたの理美容室・エステサロンの「熱き思い」を「恋の相手に伝える」ように、お客様にお伝えする! 理・美容室やエステサロンの集客支援・売上アップのための経営コンサルティング。毎週月曜日更新!


by mike1004_kuma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

自分をどうみてもらいたいか。写真だって、語るのです。

定額給付金をみなさまは、何にお使いになりましたか。

わたしは、地方自治体に寄付するかどうかさんざん悩んだ末、地元の商店街で買物をすると自分に決めて、給付金をもらいました。

で、何につかったかって?

駅前のおすし屋さんへ行ってきました。

定額給付金がなければ、くるくる回るお寿司しかご縁のなかったわたしには、あちこち地方の名産の海産物を食べさせてもらって、すごく贅沢な時間をすごさせていただきました。

富山の白海老、おいしかったです。


*************************

ホームページをつくったり、印刷物をつくったりすると、たいていは、社長様、経営者様の顔写真が掲載されます。

みなさま、この写真はどうやって選ばれていますか?

社長といえば、会社の顔です。

「ただ掲載をOKする」だけでは、もったいないです。

会社のイメージや、店舗のイメージが、社長様のお顔からも醸造される大きなひとつの要因となります。

では、自分がどんな風に撮影された写真ならいいのか?

写真も大きなメッセージを発していることを知るために、ビジネス雑誌や、新聞の顔写真に、メッセージを自分で勝手につけてみましょう。

たとえば、ビジネス雑誌には、会社の社長様がいっぱい写っています。

あなたは、記事を読まずに、写真だけをみてその会社の印象を語ってみてください。

「ああ、この会社は、若さあふれるハツラツとした会社だなあ」

とか

「なるほど、この会社は、きっと老舗の商家が発祥の会社なんだなあ」

とか

いろいろわかってきます。

無頓着な写真は、むしろ、無頓着な印象しかあなたに訴えかけてこないことがよくわかるでしょう。

では、振り返って、あなたの写真です。

あなたのスタッフや家族、知人に聞いてもだめです。
あなたを知ったうえで、「いい写真」「悪い写真」と判断しますので。

ですから、初めて会う方や、あまり個人的な関係のないお客様に写真から受ける印象をヒアリングしてみてください。

それが、あなたの写真が、ホームページの閲覧者や、カタログをみる方に与える印象です。

もし、「そつのないコメント」しか写真の印象のこたえとしてかえってこなかったとき、あなたは、それでよかったかどうかを考えてくださいね。

たとえば「力強さ」を与えたいのに、「作り笑い」の写真を載せていてもしようがありませんものね。

写真だって、言葉を語るのです!

写真のとられかた、イメージアップのためのコンサルティングもお手伝いしております。

お気軽におといあわせください。

カムラッド 和田
[PR]
by mike1004_kuma | 2009-07-06 09:28 | 広報/PR/ストーリーづくり