あなたの理美容室・エステサロンの「熱き思い」を「恋の相手に伝える」ように、お客様にお伝えする! 理・美容室やエステサロンの集客支援・売上アップのための経営コンサルティング。毎週月曜日更新!


by mike1004_kuma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

値決めは経営 ~割引キャンペーンをどうするか?~

こんにちは、和田です。

月に一度、ミーティングで訪問させていただく美容室様からの帰り、二ヶ月つづけ、人身事故で電車待ちという状況に遭遇してしまいました。

「え~、和田さんが来ると、いつも人身事故おこるよ~」と言われてしまったのですが、

それはわたしからみると逆です。

○○さんちへゆくと、いつも帰りは人身事故で遅くなる……

視点が変わると、自分に都合よくものの見え方がかわるのでしたzzzz

*****************************

値引きを止めるタイミングをご相談いただいたヘアサロン様とお話ししていて、感じたことを書きます。

新規顧客の増強をはかりたいとき、割引を必ずといっていいほどされているのではないでしょうか。

フリーペーパー広告をやめたいとご相談になって、半年から1年ほどかけて準備していったのにもかかわらず、実際に予定していた「広告をやめる時期」になると、怖くて値引きをやめられないという現実を迎えられる方が穂どんどなのではないでしょうか。



値決めは経営です。

値決めは、お店そのものを表します。

これは、稲盛和夫著『心を高める、経営を伸ばす』(PHP研究所)を読まれていない方でも、ご理解いただけると思います。



実は、お客様に選んでいただき、お客様に価格の価値をご提供するために、価格を下げるということは一番楽なことなのです。

価格の価値をお伝えすることを他の手段でしてゆく場合、店内のしくみの根本的なところを見直す必要がでてきたりして、実に大変です。

だから、お客様に選んで頂こうとするとき、簡単に価格をさげることを思いつくわけです。

楽しようとして。



値引きを辞めるということは、お客様に、選んで頂く努力を他の点でおしみなくやりつくすことを選択するということです。

いままでのやり方を踏襲するだけで、ただ「値引きをやめ」るだけでは、お客様の数が減るのはあたりまえです。

「割引せず」お客様に選んで頂くための試みは、まだまだ理美容室では少ないです。

だからこそ、割引せずに、お客様に選んでいただく工夫をすることは、やりがいのあることになるはずです。


まだ多くのひとが踏み出していないところを開拓することを楽しんでいただきながら、お客様の輪を広げて頂けるお手伝いができることを、わたくしたちもワクワクの気持をわすれず取り組みたいです。


安売りせずに集客するPRアドバイザー
カムラッド
和田
[PR]
by mike1004_kuma | 2009-05-25 08:31 | 美容業コンサルティング