あなたの理美容室・エステサロンの「熱き思い」を「恋の相手に伝える」ように、お客様にお伝えする! 理・美容室やエステサロンの集客支援・売上アップのための経営コンサルティング。毎週月曜日更新!


by mike1004_kuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

営業電話のトークを迷って切れないとき、確認していただきたい点。

熱海のオープンウォースイムレースに申し込む気マンマンでいたのですが、 7月12日の同じ日に、鎌倉でも「ラフウォータースイム・イン・鎌倉」が開催されるのを発見。

近いという理由だけで安心を感じて、鎌倉の大会に申込しちゃいました。

スイム駅伝やリレーがあるようで、3名集まればチームを組めるんですよね。
来年にでも、どなたかチームで出ませんか~

ラフフォーター・スイム 鎌倉

**************************

お客様であるエステサロン様に、月に1度の定期訪問をさせていただくと、事務所の社長さま宛にいつも、営業電話がひっきりなしにかかってきています。

2時間のお打合せのなかで、2、3本の電話は、かならずかかってくるでしょうか。

そのほとんどが、インターネット関連だそうです。

フックは、「SEO対策」だったり、「ポータルサイトの参加案内」だったり、「取材と称した広告営業」だったり、「インターネット広告の案内」だったり、「プロデュース会社の案内」だったり、さまざまです。

本当に役立つ内容を教えてくれる方が電話をくれているかどうか見極めるのはとても難しいと言って、ほとんどは、話を聞かずに断わってしまうそうです。

でも、なかには、判断が難しいといって、ウェブも含めたトータルでの集客プロデュースを担当させていただくわたくしに、営業電話が回ってくるときがあります。

わたくしが代わって営業のお話しをお聞きするとき、
役に立つかどうかを判断するポイントはたった1つです。

「当社の現状にてらしあわせて、投資コストに見合う内容を提案してくれているかどうか、その根拠を教えてもらう」

だいたい、この質問をすると、ほとんどの営業担当者さんは、「調べなおしてて連絡します」とおっしゃりますが、改めてご連絡が来ることはほとんどありません。

勢いだけで営業電話をかけるのはほんとやめてほしいですね。

他のエステサロンオーナー様からも、美容室のオーナー様からも、「この営業は内容として魅力だけれど、どうだろう」といろいろご相談を持ちかけられる場合が多いですが、「興味をもったのは、何の目的を達成させるためであるのか? その興味が有効であろうかという裏打ちはされているのか?」この点をはっきりさせていただくと、営業電話の勧誘に迷う時間はかなり短縮されるはずです。

お試しください。


有効な広告出向先でお悩みの場合、適切なインターネット広告の使い方もアドバイスしております。
お気軽にお問合せください。

カムラッド 和田
[PR]
by mike1004_kuma | 2009-05-18 14:44 | 美容業コンサルティング