あなたの理美容室・エステサロンの「熱き思い」を「恋の相手に伝える」ように、お客様にお伝えする! 理・美容室やエステサロンの集客支援・売上アップのための経営コンサルティング。毎週月曜日更新!


by mike1004_kuma
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

地域密着の商売の基本に徹底しているヘアサロン

こんにちは、カムラッドの和田です。
お正月明けに会う方、会う方に、他のサロン様の12月のご様子を聞かれます。

12月なのに、例年並みの忙しさにならなかったサロン様もあれば、
過去最高の売上をあげておられるサロン様もあります。

いまは、おしなべて「不景気」のせいだとは、まだ言えない時節です。

自分の努力が足りない点があったり、まだまだチャレンジできるところが残っているのに、
あなたのサロンでは「不景気」のせいにしてしまっていませんか?

-----------------------------------------------------------------------------

サロンコンセプトに「地域貢献」をあげておられるところも、少なくありません。

地域密着型営業をされている、美容院さんだと、少なくないどころか、ほとんどだと思います。

さて、その「地域への貢献」を、具体的にあなたのお店では、なにを行っていますか?

神奈川で複数店舗運営されているあるヘアサロンオーナー様のお話しをうかがい、
地域密着の商売の基本を忠実に実行されているところを知り、改めて
「地域への貢献」を考えさせられました。

そのオーナー様が実践している具体的な「地域への貢献」とは、「買い物はすべて地元の商店街でおこなう」という点です。

たとえば、文具も、安い文具通販で購入したり、駅ビルにはいっている大型店で購入しないで、地元の文具店から買うことに決めているのだそうです。

お店からお客様にお送りするバースデーカードや、事務でつかうファイルなどすべてにわたってそうするのだそうです。

最初は、文具店の店主も、近所の美容室が買いに来ているとは知らなかったそうです。

ですが、カードを選ぶときに「コレコレの用途で使いたいけれど、お客様が喜ぶのはどれかなあ」と相談するなど言葉を交わすうちに、「○○さんは、美容室さん」、ということを、いまでは知ってくれているそうです。

複数店舗運営されていて、事務所機能もしっかりある会社さんです。

コストパフォーマンスのみを求めるご時世で、改めて「地域で活かされていることを感謝し、地域に還元する」ことを、商売上で実践しつづけているこの美容室さんに、感服しました。

お客様商売の、基本を、改めて思いおこさせられました。
[PR]
by mike1004_kuma | 2009-01-12 16:04 | 美容業コンサルティング