あなたの理美容室・エステサロンの「熱き思い」を「恋の相手に伝える」ように、お客様にお伝えする! 理・美容室やエステサロンの集客支援・売上アップのための経営コンサルティング。毎週月曜日更新!


by mike1004_kuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第3回PRプランナー資格認定検定試験 1次試験 受けてきました

「PRプランナー資格認定検定試験1次試験」
昨日8月30日(土)うけてきました。

PRのプロが月に1回集まって勉強を開いているコミュニティーに参加させてもらっているなかで、色々な方から刺激をうけ、今回はよしと思って受験してみたのでした。
(コミュで刺激をうけた方のお一人MAVERICKさんが、ブログで試験のことを書かれています。とても参考になります! 受験される方、一度のぞかれることおすすめします。
http://maverick629.air-nifty.com/blog/2007/09/post_f3b1.html)

まだ結果がわからない中ですが、新しい資格制度にまつわる試験なので、どんな意味を自分でみつけたのか、また、受験勉強でなにを感じたか少し整理してみたいと思います。

広報PRで仕事をしている端くれとして、この試験がおととし発表されたときには、「なにをいまさら日本パブリックリレーションズ協会はこんな試験制度をつくったのか? それにいま私に必要なのか?」と思っていました。

でも、第3回になったいま、PRプランナーの資格認定試験を受験してみようと思ったのは、資格がほしいというより、別の目的があったからでした。
それは、「いま展開している広報・PR事業のポジションの確認」でした。

自分では、かつて、大学院修士過程で文学の分野を学び研究した経験があるため、論理的に考えて提示すること、哲学倫理の潮流(歴史)はおおまかに押さえているつもりでもあり、書いて伝えることについては、自信があるほうでした。

また、企業の広報担当の経験から、「どこにどんな情報が求められているかを考えて情報をつくり、発信すること」については、感覚にですが、研究し磨いてきたつもりでした。

ですが、広報は大学で学び身に付けるものだと、今回の受験の参考書の中にしつこく何度も記されており、「大学で学ぶPRと、いままでやってきたことはどのように違うのか」を実際知っておかなければならないと考えたからです。

受験勉強は、指定された参考書を読むのが主になります。

最初は全く頭に入りませんでした。
自分のいまのクライアントにどこに役立てられるかという視点でしか読めなかったからです。

ですが、最後の最後、やっとなんとかまともに参考書に向き合えるようになりました。

1次試験の参考図書なので、頭のなかで整理されたことは、「広報PRが携わる分野全域の姿」でした。

全域がみえてくると、自らがいま手がける広報PR事業のポジションがはっきりとみえてきました。

当たり前のようですが、PRの全域を、いま自分は押さえられていないのですね。

ですが、何が得意とし売り出してゆくべき分野なのか、それを整理するための土台を、今回の受験勉強で知ることができたと思っています。

弱いところは、積極的に、同業他社と連係、協業を依頼する関係をきづいていき、クライアントに提案できるようになりたいとも考えました。


さて、実際の試験の手ごたえはどうだったのか、受験勉強はどうだったのか?
合否発表があってから、またご報告したいと思います。

発表は、9月12日とのこと。
みなさま、つづきがあることを、祈っていてください。
[PR]
by mike1004_kuma | 2008-09-01 08:40 | このブログ紹介&筆者自己紹介