あなたの理美容室・エステサロンの「熱き思い」を「恋の相手に伝える」ように、お客様にお伝えする! 理・美容室やエステサロンの集客支援・売上アップのための経営コンサルティング。毎週月曜日更新!


by mike1004_kuma
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

トータルヴューティーのサロンオーナーのお話を聞いて。組織で大切にすること。

雑誌取材のお手伝いで、横浜市北部、センター南と北山田駅前にあるトータルビューティーサロン「アマポーラ」のオーナー様のお話をうかがう機会がありました。

こちら、ヘア、エステ、ネイルと、3つのセクションを融合させたトータルビューティーサロンです。

一番苦労されている点は、美容師、エステティシャン、ネイリストが、それぞれの専門分野に邁進しすぎてしまわないよう、セクションの壁を越えたサロン文化を生み出すことが一番大変だったとおっしゃていました。

一番印象にのこっているのは、「お客様と、サロンスタッフと、会社」この3つの輪が交わるほんとうに小さな部分にあったことをいま自分が話しているのか行動しているのかを常に照らし合わせられる文化だとおっしゃっていた点でした。

本当はお客様のことを思って言っているつもりでも、スタッフが自分のエゴだったりする場合もあるかもしれません。
そんなとき、互いに「3つの輪の中心にいるのか?」と一言掛けあう。

意見を戦わせ、勝ち負けの世界で、組織を進めるのではなく、互いが同じ土俵で同じ目標にむかってすすんでいくための、「わかりやすい図式」があると、強い組織になれるなと感じました。

みなさまの組織で、「土俵となる言葉」は図式にすることができますか?
[PR]
by mike1004_kuma | 2008-05-26 14:46 | 組織づくり